カラフルに?シンプルに?HP作りで効果的な配色って?

サイトの配色を考えて見る

サイトを作るときに、配色は非常に大切な要素であり、そのサイトのイメージを左右するものです。サイトの配色は、基本的にベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%の割合で決めるときれいな配色になると言われています。またこの中でも最も、サイトのイメージを左右するのが、メインカラーであり最初にこの色を決定します。企業やお店のテーマカラーを配したりロゴカラーの中から選んだりします。色の持つイメージで何を伝えたいのかがわかるカラーがいいでしょう。ベースカラーは、サイトの大部分を占める背景色にあたるカラーなので、文字が読みやすくかつメインカラーの邪魔にならないカラーを持ってくるのが定番です。アクセントカラーは、サイトの中では最も目をひくカラーを使うことが多く、例えば申し込みフォームボタンなどの小さな部分に効果的に使います。

カラーの持つイメージの把握を

カラーにはさまざまなイメージがあり、人はカラーを見ることでたえずさまざまなメッセージを受け取っています。人が持っているカラーのイメージを把握して、その上でサイトに使うカラーを決めていくようにしましょう。例えば、赤を見ると人はエネルギッシュさを感じたり、情熱や強いインパクトを感じたりします。その反面、赤を見ると怒りを感じたり心拍数の高まりを感じたりする人もいます。カラーには、プラスイメージとマイナスイメージの両方があるので、その両方のイメージを把握した上で、サイトのカラーを決めていくといいでしょう。伝えたいメッセージが何なのか、どのカラーがどのメッセージを発しているのかをしっかりと理解しましょう。

© Copyright Fast Create Homepage. All Rights Reserved.